お金借りる銀行RANKING|主婦も借りれる銀行カードローン選び

銀行でお金借りるならココ!

銀行のカードローンを利用してお金を借りる…という時に、ちょっと頭を悩ませてしまうのが「どの銀行カードローンがいいの?」といったことではないでしょうか?そんな際にお役にたてるよう銀行カードローンを比較し、ランキングにしたものを参考にすると選びやすいでしょう。

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、年4.0〜14.0%と、銀行カードローンの中でも低金利さが目立ちます。また、融資額は最大1000万円と、今回取り上げるカードローンの中では最大の融資額を誇ります。その一方で、即日融資にはいちおう対応しているものの、同行に口座を持っていることや、すでに同行のキャッシュカードを持っているなどの条件をクリアしなければなりません。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

同カードローンは、金利も低めで融資額も最大500万円、かつ銀行カードローンなのに即日融資も可能で、しかもアルバイトやパートの方や無収入の専業主婦でも申し込める“申込窓口の広さ”といったトータルバランスの良さでまずおすすめしたいカードローンとなります。

 

新生銀行カードローンレイク

おすすめの理由は、なによりも初回利用者なら2つの無利息サービスが選べるからです。なんと言っても、“金利ゼロ!”は借りる側としてはこの上ない大きなメリットとなりますよ!

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行についても、先の三菱東京UFJ銀行と同じく、金利・融資額・即日融資といったトータルな利用のし易さの点でおすすめとなります。しかし、三井住友銀行カードローンの場合は、本人に収入の無い専業主婦は利用不可となります。かつ即日融資についても三菱東京UFJ銀行よりもやや時間的な制約があることから次点となりました。

 

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行カードローンBIGをすすめる理由は、ひとえに年3.8〜13.8%といった、今回ご紹介する中では一番の低金利となっている点です。その一方で、イオン銀行カードローンBIGでは即日融資に対応していない点がややデメリットと感じられます。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、年4.9〜14.5%と低金利で、WEB契約で来店不要、また専業主婦でも利用できる“使い易さ”を評価したいカードローンです。

 

りそな銀行

りそな銀行カードローンには、大口融資が可能で低金利の『プレミアムカードローン』と、小額融資で使い易い『クイックカードローン』の2つがあります。借入用途に応じて2つのカードローンが使い分けられる利便性の高さは、りそな銀行カードローンの持ち味と言ってよいでしょう。

 

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンについて言えば、今回取り上げたカードローンの中では、一番“没個性”なカードローンと言ってよいと思われます。つまり、金利もかろうじて高金利とは言えないレベルにあり、申込み条件に関しても日雇いアルバイトやパートだと申込不可となり、また本人に収入の無い専業主婦も利用できません。さらに言えば、ジャパンネット銀行に口座があれば、即日融資が可能となる“限定的な即日融資”もそれほど高い評価は与えられませんね。その一方で、すべての提携先ATMの利用手数料が無料となる点は、同カードローンの魅力と言ってよいでしょう。

銀行でお金借りるなら、こんな人におすすめ!

「銀行でお金を借りたい!…」と考えている人は意外に多いと思います。しかし、そのように考えている方すべてが銀行でお金借りることがおすすめになるとは限りません。銀行でお金を借りたいと考えている人の中には、むしろ銀行以外でお金を借りた方がベターとなるケースもあります。では、銀行でお金借りるなら、どんな人がおすすめになるのでしょうか?…

 

とにかく安心安全でお金を借りたい!

 

金融会社の中で、銀行は一番信頼できる会社と言ってよいのではないでしょうか。だって「銀行からお金を借りたら後で酷い目にあうのではないか?…」と考えてしまう人ってないと思われるからです。また、銀行は、給料振込や年金受取、あるいは公共料金の口座引落や定期預金の利用といったように、常日頃からよく利用している身近な金融機関でもあるでしょう。加えて、たいていの会社員なら“マイバンク”というものを持っているのではないですか?!…そして、そんな身近な金融機関ならお金を借りるのになにも不安も心配もありませんよね!

 

「なによりも金利が低いところでキャッシングしたい!

 

銀行は数あるカードローンの中でも一番金利が低いと言って差し支えありません。たとえば、消費者金融カードローンの金利は、年4%台〜14%台となるので、金利の低さは明白です。そして、金利は低ければ低いほど、借りた後の返済負担も軽くなるので、低金利のところでお金を借りるのは大原則と言えるのです。

 

急がずじっくり腰を据えて大口融資を受けたい!

 

銀行カードローンの融資は、500万円〜1000万円と大口融資となっています。他方、消費者金融カードローンでは最大でも500万円止まりです。そして、先の金利の低さとも相俟って、“小額融資で短期借入”よりは、比較的大口の融資を低金利で長く借入れるといった借り方が銀行カードローンの賢い利用法になると言ってよいのです。
その一方で、「1分1秒でも早くお金を借りたい」といった借入ニーズの方には、銀行でお金借りるのはおすすめとはなりません。なぜなら、銀行カードローンでは即日融資が難しいところが多いからです。加えて、借入額が大きくなればなるほど、審査に時間がかかるので即日借入はなおさら難しくなります。銀行カードローンで大口融資を受ける場合には、早くて数日〜1週間後、遅いと1カ月くらい実際の融資までには時間がかかります。そのことから、急がずにじっくりと構えて大口融資を低金利で長期間借りたい!という人には銀行でお金借りるのはおすすめとなります。